目の下のたるみなどの悩みは名医に相談してみよう

ウーマン

手術または注射で

バストを測るレディー

それぞれのメリット

美容外科では、豊胸術は主に2種類の方法でおこなわれています。具体的には、シリコンなどを挿入する手術と、ヒアルロン酸の注射です。前者の場合、挿入のために乳房を切開することになりますが、後者の場合は注射針を入れるだけなので、傷が残ることはありません。また、切開しないということは出血もなく、炎症による腫れも生じにくいということです。つまり、ヒアルロン酸注射による豊胸術は、手軽な上に安全性が高いということです。ただし注入したヒアルロン酸は、少しずつ体に吸収されることで、乳房から失われます。一方手術による豊胸術の場合、挿入したシリコンなどを乳房から除去しない限りは、豊かな膨らみが維持されます。つまり、効果の持続性が高いわけです。このように、それぞれの豊胸術に異なるメリットがあるのです。

デメリットを減らす工夫

また、昨今ではどちらの豊胸術でも、デメリットをより少なくするような工夫がおこなわれています。具体的には、まずは手術の場合は、固形ではなくジェル状のシリコンが使われるようになっています。固形の場合は、それを挿入するために乳房を大きく切開する必要があります。しかしジェル状のシリコンの場合は、まずは柔らかい袋を、縮めた状態で乳房に挿入し、そこに流し込むだけで済むのです。そのため大きく切開する必要はなく、その分傷跡も小さなものとなります。また、ヒアルロン酸注射の場合は、体内に吸収されにくいようにと高分子化されたヒアルロン酸が使われるようになっています。吸収されにくいということは、それだけ乳房内に長く残るということです。これにより、効果は数年間持続するようになりました。